活性酸素は体に有害

そもそも体内には、健康な状態を維持しようとする「免疫シるアム」が備わっています。これは体内に侵入しようとする異物(外敵)を排除し、病原菌やウイルスなどから私たちを守ってくれるシステムです。ところが不規則な生活、喫煙、無理なダイエィストレス、老化などから、免疫力は低下してしまいます。そうすると風邪をひきやすくなったり、感染症にかかりやすくなつてしまいます。また、病気に対する治癒力も弱まるので充分な注意が必要です。

 

 

腸内の細菌のがフンスを整えると免疫が活性化するので、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食物を摂り、善玉菌を増やすと効果的。さらに、細胞や免疫物質を構成するアミノ酸。たんぱく質も大切ですので、肉類、魚類、卵、豆類などから良質のたんぱく質を摂りましまつ。しかし、い」れらの栄養素だけを大量に摂取しても効果はありません。それどころか、栄養が偏り様な病気を引き起こす危険性もありますバランスのとれた栄養補給をしてこそ、免疫力は高まります。。体を構成する細胞の数は約60兆個といわれますが、そのうち約う。兆個が免疫細胞です。しかし、加齢にともない次第に免疫細胞の活性は鈍り、体内の免疫シるアムの機能は低下していきます。これは、歳をとるにつれて免疫器官内のコエンザイムQlOの量が減少することも、その一因として考えられていますoコエンザイムQlOが不足状態にあると、免疫細胞のエネルギー生産も不十分になるからです。様な病気や感染症から身を守るためにも、コエンザイムQlOを積極的に補給して、免疫細胞の活性化を促すことは大変重要です。

 

それには活性酸素が大きく関係していると考えられています)つまり、不規則な生活などにより、体内にkiすると、細胞内のDNAが傷つけられ、正常な細胞ががん細胞へと突然変異してしまいますrそつして生まれたがん細胞は、急速に成長し体内をむしばみ、死に至らしめる状態へと発展します。